Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP企業家 > スティーブ・ジョブズ
企業家

スティーブ・ジョブズ
Steven Jobs

Appleを作り上げた現代のイノベーター

米Apple社の共同創立者のひとり。当時、革新的なPCであるApple II、Macintoshを次々に世に送り出し、現在の同社の基盤を築く。経営の悪化から財務立て直しのため米PEPSI COLA社のJohn Sculley氏をスカウトしたが、意見の対立により逆に同社を去る。その後、米NeXT社を設立。1996年、米Apple社が米NeXT社を買収した際に、米Apple社暫定最高経営責任者として復帰。2000年に、正式にCEOに就任。2011年死去、享年56歳。

所属企業名

アップル社
Apple Inc.

イノベイディブな企業の代名詞。Machintosh、iphone、ipadをはじめデザインに優れた製品

インターネット・デジタル家電製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。一般的にアップル(Apple)と呼称される。Macintosh、iPod、iPhone、iPad、Apple Watchなどデザイン性に優れたイノベイティブな製品を世に送り出すことで、イノベーション分野では常に注目されている。

スティーブ・ジョブズの記事スティーブ・ジョブズの説明

1976年、スティーブ・ウォズニアックと共に初期のホームコンピュータ「Apple I」、その後「Apple II」を開発。Apple IIは大成功を収め、自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表する企業としてサクセスストーリーを築いた。1980年の株式公開時に2億ドルもの巨額を手中にし、25歳でフォーブスの長者番付、27歳でタイムの表紙を飾る。

1984年に発売した「Macintosh」が搭載したグラフィカルユーザインターフェースは当時のあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたもので、新たなコンピュータ像を創造した。しかし、1985年にアップルから追放された。

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立した。また、自ら創立したNeXT Computerで、NeXTワークステーション(NeXTcubeとNeXTstation)とオペレーティングシステム (OS) NEXTSTEPを開発した。

1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時に復帰、1997年には、暫定CEOとなった。同年には、マイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功し、また社内ではリストラを進めてアップル社の業績を回復させた。


2000年、正式にCEOに就任。2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。その後はiPod・iPhone・iPadといった一連の製品群を軸に、アップル社の業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

暫定CEOに就任して以来、基本給与として、年1ドルしか受け取っていなかったことで有名であり(実質的には無給与であるが、この1ドルという額は居住地の州法により、社会保障を受けるために給与証明が必要なことによる)、このため「世界で最も給与の安い最高経営責任者」とも呼ばれた。2006年に、ピクサーをディズニーが買収したことにより、ディズニーの個人筆頭株主となり、同社の役員に就任したが、ディズニーからの役員報酬は辞退していた。2011年10月5日、アップルはジョブズが死去したと発表した。享年56歳。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

スティーブ・ジョブズの記事よく読まれている記事

2015.03.17

Appleの創設者スティーブ・ジョブズのドキュメンタリー映画が批判された理由とは?

Appleの創設者であるスティーブ・ジョブズのドキュメンタリー映画「Steve Jobs:The Man in the Machine」のワールドプレミアが、アメリカのテキサス州で開催された音楽と映画の祭典SXSWで行われました。本作は、映画「「闇」へ」で第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したアレックス・ギブニーが監督を...

出典 文房具社

2015.03.13

“ステレオタイプな神話を壊す”: 新たなスティーブ・ジョブズの伝記「Becoming Steve Jobs」、3月24日に発売へ

故スティーブ・ジョブズ氏と個人的にも親しかったというジャーナリストとIT系メディアの編集長による新たな伝記が3月24日に発売になる。現在のAmazon.comでのKindle版予約価格は11.99ドル(その後13.33ドルに変わった)だ。 タイトルは「スティーブ・ジョブズになる──向こう見ずな成り上がりものがビジョナリーリーダー...

出典 ITmedia

2015.03.12

スティーブ・ジョブズはなぜ、ティム・クックの肝臓を拒否したか

そこにはジョブズの生き方がありました。 すい臓癌は、数ある癌のなかでもきわめて予後が悪いことが知られる病気です。そんな病にアップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズが気付いたのはiPodが発売された2年後の2003年のこと。しかし、ジョブズがその治療のための手術を行なったのは9カ月後のことでした。そして...

出典 Fast Company

スティーブ・ジョブズの動画よく見られている動画

2012.05.19

スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版

出典 Youtube

2008.02.02

iPhone を発表するスティーブ・ジョブス(日本語字幕)

出典 Youtube

2013.04.08

スティーブ・ジョブズが語る 'ソニー失敗の本質'と'アップルの本質' w/ Bill Gates @ 2007

出典 Youtube

Copyright (C) 2015 Innopedia. All Rights Reserved.