Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP思想家・学者 > デイビッド・ウルリッチ
思想家・学者

デイビッド・ウルリッチ
David Ulrich

管理エキスパート

ミシガン大学スティーブン・M・ロス・スクール・オブ・ビジネス教授。パーソナル・ブランディング、人事部門や専門職による価値提供、企業文化と顧客の期待の合致、パーソナル・ブランディングなどに取り組むリーダーたちを数多く支援してきた。ウルリッチのチームは、CEOジャック・ウェルチ率いるGEが取り組む、官僚主義を打破するためのワークアウト・プログラムの開発に携わった。

所属企業名

RBLグループ
The RBL Group

デイビッド・ウルリッチの記事デイビッド・ウルリッチの説明

人事、リーダーシップ、組織論の分野で数多くの研究成果を発表しており、著書は23冊に及ぶ。人事分野で代表的なものはHuman Resource Champions(邦訳『MBAの人材戦略』日本能率協会マネジメントセンター)、HR Value Proposition(邦訳『人事が生み出す会社の価値』日経BP社)、HR Transformation(邦訳『人事大変革』生産性出版)、HR Competencies(「人事コンピテンシー」)などがある。リーダーシップについてはWhy the Bottom Line ISN'T!(邦訳『インタンジブル経営―競争優位をもたらす「見えざる資産」構築法』ランダムハウス講談社)、Leadership Code(「リーダーシップの原則」)、Leadership Brand(「リーダーシップ・ブランド」)など。また組織分野ではBoundaryless Organization(「境界のない組織」)、Learning Organization(「学習する組織」)、GE Workout(邦訳『GE式ワークアウト』日経BP社)などがある。

?最近の著作The Why of Work: How Great Leaders Build Abundant Organizations That Win(2011年。邦訳『個人と組織を充実させるリーダーシップ』生産性出版)は、心理学者である妻ウェンディとの共著。働く意義と価値について考察している。

デイビッド・ウルリッチの記事よく読まれている記事

2015.01.22

「戦略人事」は なぜ企業にとって重要なのか

人事部門の機能や求められる役割は、企業の発展段階により、あるいはときどきの経営課題により、変わるものです。では、いまの人事部門への期待感はどのようなものでしょうか。今回は「戦略人事」の定義を検討してみましょう。 変わりはじめた 人事部門への期待感 「人事部よ、さようなら」という挑発的な内容のハ...

出典 ダイヤモンド・オンライン

2013.05.14

デイビッド・ウルリッチ 経営思想家トップ50:第23位

「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。デス・ディアラブとスチュアート・クレイナー率いるアドバイザーチームと一般投票によって選出されるこのランキングは、「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つ。選出の基準は次の10項目だ。アイデア...

出典 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

2010.10.01

「人事の役割」とは ~「人材マネジメント実態調査2010」からの考察~

1.人事の4つの役割 「人事の役割」を定義したフレームの代表的なものの一つが、『MBAの人材戦略』で著名なミシガン大学のデイビッド・ウルリッチ教授が提唱した以下4つの分類です。  1.戦略パートナー (Strategic Partner)  2.管理のエキスパート (Administrative Expert)  3.従業員のチャンピオン...

出典 リクルートマネジメント検索

デイビッド・ウルリッチの動画よく見られている動画

2012.02.03

Dave Ulrich | Defining the Leadership Code

出典 Youtube

2009.07.06

Dave Ulrich co-author of HR Transformation

出典 Youtube

2010.10.06

David Ulrich Bringing HR to the Table

出典 Youtube