Innopedia(イノペディア)は、現在及び過去の世界中のイノベーター及びその情報を集めた事典です。

Innopedia TOP企業家 > リチャード・ブランソン
企業家

リチャード・ブランソン
Richard Branson

人生の冒険家 英国の巨大企業ヴァージングループ創設者

エンターテイメントから航空までカバーするコングマリットのヴァージン・グループの創設者で会長を務める。イギリスの実業家。

所属企業名

ヴァージン・グループ
Virgin Group Ltd.

伝統的な事業分野を冒険心で多方面に展開

会長のリチャード・ブランソンが興した古レコードの通信販売会社が始まり。低価格と高サービスを売り物に音楽、映画館、航空旅行、鉄道、金融など多くの分野に進出。欧米企業のビジネスモデルは、単一の事業に特化して専門性に徹する手法が多い中、日本型の財閥・系列モデルを標榜する点が特徴。

リチャード・ブランソンの記事リチャード・ブランソンの説明

趣味で始めた中古レコードの通信販売で成功を収める。1973年にはレコードレーベル「ヴァージン・レコード」を立ち上げ、セックス・ピストルズやカルチャー・クラブ、マイク・オールドフィールドなどの人気ミュージシャンが所属するイギリスを代表するレコードレーベルの1つへと成長させた。

後に「ヴァージン・レコード」をEMIに売却したが、「V2レコード」を新たに立ち上げ、ロンドンや東京を始めとする世界各国で音楽ショップ「ヴァージン・メガストア」を展開するなど、音楽産業は同グループの中核に位置づけられている。

1984年にヴァージン・アトランティック航空を設立。ボーイング747-200のリース機を1機購入し、ロンドン(ガトウィック)- ニューヨーク(ニューアーク)間に就航させる。その後次第に規模を拡大し、1988年には東京(成田空港)路線にも就航した(2015年2月1日に撤退)。

世界初のエコノミークラスへのシート内蔵テレビの導入や機内でのマッサージサービス、完全に背もたれが倒れるビジネスクラスの導入や超大型機エアバスA380の導入など、斬新なサービスを次々と導入する身軽さを売り物にし大成功を収め、現在はボーイング747-400やエアバスA340などの最新鋭機材を数十機導入し、香港、シドニー、ロサンゼルスなど世界中の主要都市に就航するまでに成長した。

その後もヨーロッパ圏内の格安航空会社ヴァージン・エキスプレスやオーストラリアの格安航空会社であるヴァージン・ブルー、さらにナイジェリア最大の航空会社であるヴァージン・ナイジェリアやアメリカに格安航空会社のヴァージン・アメリカを設立する。また航空連合という形での航空業界再編には反対の立場を取る[1]など、航空業界の風雲児として注目を集め続ける。

音楽産業や航空産業での成功を元に、ヨーロッパ圏内の携帯電話事業への参入や、「ヴァージン・コーラ」などの飲料水事業、「ヴァージン・シネマズ」ブランドで全世界に展開する映画館、大手バス会社のステージコーチ・グループとの合弁企業「ヴァージン・トレインズ」を設立しての鉄道経営、金融事業などへ次々と参入した。

2004年には「ヴァージン・ギャラクティック」を立ち上げ、宇宙旅行事業にも参入を開始した。2007年-2008年には経営危機に陥った「ノーザン・ロック銀行」の買収に名乗りを上げて話題を呼んだ(最終的には国有化)。

出典 : Wikipediaより一部抜粋
注 : 転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います

リチャード・ブランソンの記事よく読まれている記事

2015.03.27

リチャード・ブランソンの5つの冒険

ヴァージン・グループの創始者であるリチャード・ブランソン(64)は、これまでに幾多の事業を興してきた。鉄道、クルーズ船、航空事業などでその名をとどろかせているヴァージン社は、陸・海・空を制覇したといえるだろう。 ブランソンの次なる挑戦は「宇宙への旅」。宇宙旅行ビジネス会社「ヴァージン・ギャラクテ...

出典 Forbes JAPAN

2014.11.03

リチャード・ブランソン氏、ヴァージン宇宙旅客機の墜落事故を受けて会見「夢が生き続けるのを見たい」

イギリスのヴァージン・グループ傘下の民間宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」社の宇宙旅客機「スペースシップ・ツー」が試験飛行中に墜落し、飛行士2人が死傷した事故を受けて、創設者のリチャード・ブランソン氏は11月1日、カリフォルニアで行った記者会見で調査の徹底と宇宙旅行事業の継続を表明した。 ...

出典 The Huffington Post Japan

2014.01.28

お金よりも、人間と地球が共に利益を得られるものを

ロンドン――起業家として最初の一歩を踏み出してから40年以上、私はある問いに突き動かされてきた。どんなビジネスが人々の暮らしをより良くできるのか。その答えを得るのは必ずしも容易ではない。 起業家は、そして成功は多くの実験と失敗によって生まれるものである。インスピレーションを得るために重要なのは、こ...

出典 The Huffington Post Japan

リチャード・ブランソンの動画よく見られている動画

2007.03.01

「高度10,000メートルの人生」

出典 TED

2013.02.22

リチャード・ブランソン ヴァージンを語る

出典 Youtube

2015.01.14

リチャードブランソン会長からのメッセージ 2014年12月

出典 Youtube